MENU

 女性ですから当然のように恋愛をしたいと思う気持ちは強く持っていました。
だけど子供のこから太っていた事もあって、そのことが原因で男性に対して積極的な気持ちになれない自分がいたのでした。
特に小学生の時などは、太っている事をバカにされることも多くありましたから、自分は男性と関係を作るという事は難しいかもしれないと思い込んでいたのでした。
中学ぐらいになるとやはり恋愛というものに対しては、とても強い関心を寄せるようになりました。
クラスの友達たちも同級生や先輩と、お付き合いをするようになっていくし、私もあんなにラブラブな感じを味わってみたいって横目で見ては羨ましいという気持ちを持ってしまっていました。
でもずっとからかわれてきたために、きっと自分は恋愛とかできない体質なんだって思ってしまっていたんです。
中学の時だって、高校の時だって恋愛をしたい気持ちはずっと持ち続けていたのでした。
だけど結局は、自分には無理だって思ってしまってて行動に移すような事などほとんどなかったのです。
女子大生になってからもそれは全く変わらない状況で、皆んな恋をして楽しんでいるのに自分だけ置いて行かれているって感じがしていました。
サークルの仲間でやはり太っている女性と仲良くなって、彼女も恋人ができないと嘆いていたのでした。
やっぱり肉体的なハンデがあるから、恋愛をするのはこれからも無理だろうなんて話しあっては慰め合っていたんです。
ところがその友達が恋人を作ることに成功したと報告をしてきたときは、強烈な衝撃を受けてしまいました。
世の中にはデブ専と言われる男性がいるから、太っていても全く問題ないと言うのです。
デブ専なんて言う言葉初めて聞いて驚いてしまいました。
だったら自分も恋愛をできるかもしれない、ぽっちゃり体型でも彼氏を作れるかもしれないと一気に希望が湧いてきたのです。
私と同じぐらい太っている友達が、恋人を作ることができたんだから私だって絶対に知り合えるだろうって思いました。

友達にその方法を聞いて、実際に始め男性に対して積極的な気持ちになっていく事ができました。

 

 私と同じくらいのぽっちゃりの友達が、突然恋人を作ったことに対しては置いて行かれてしまったっていう気持ちが強くありました。
だけど友達がデブ専という男性がたくさんいて、また、そういう男性と知り合う方法を教えてくれると言うのです。
これは凄く期待をしてしまったのですが、その方法も決して難しいものではなかったのです。
生まれて初めて男性とのお付き合いに向けて走り出していく事になりました。

 

 

名前:安香音
性別:女性
年齢:20歳

 

プロフィール:
小学生の頃から太っていたために、周囲の男子たちからもデブとからかわれ続けていました。
そのために男性との関係を積極的に作ることができないで、中学高校と生活をしていたのでした。
女子大生になって恋人が欲しいと思うけれど、やっぱり自分はデブだからダメなんだって気持ちがありました。
でも同じデブの友達が彼氏を作った時って、驚くとともに激しく羨ましいという気持ちを持つようになりました。